整形に関する情報が満載!

Hello, new myself

整形にも色々種類がある

 久々に会った学生時代の友人が、見違えるような美人になっていた。
何だか骨格まで違うような気がする。
それとなく聞いてみると返ってきた答えに、ああ、やっぱり……と得心が行く。
何て経験をした人がいるのではないでしょうか。
 そこまでのレベルではなくても、ぱっと辺りを見渡した印象よりも、整形手術をしたことのある人は多いのかも知れません。
今や10,000円掛からない日帰りの部分整形もできる時代です。
これを読んでいるあなたも、もしかして何処かをちょっと直してもらったことがあるかも知れませんね。
 手術の種類は実に豊富です。
直したいと思う部分の手術は大抵できると言っても過言ではありません。
二重にする手術や、鼻を高くする手術、顎やエラの骨を削る手術、果ては脂肪吸引手術やバストアップのためのコラーゲン注入など、傍目にも変化が分かるものは勿論、わきがの治療やデリケートゾーンの手術など、服に隠れた部分も整形の対象になります。
人体のほぼ全領域が整形の掌中にあるとすら言えるでしょう。
 保険適用はないため普通の通院代よりお金は高く付きますが、懐に余裕がある場合容易に自分の体のパーツをグレードアップできるというのは、人類史で見ても驚異的なことではないでしょうか。

二重にする美容整形の種類

 二重にする美容整形はプチ整形といわれ人気の施術です。
そんな二重にする方法には大きく分けて2つの種類があります。
1つがメスを使わない埋没法、もうひとつはメスを使う切開法です。
この2種類がありますが日本人の約9割が埋没法を洗濯すると言われています。
 埋没法の中にも使う糸や糸の通し方、糸のかける位置、結び目の位置でいろいろと変わってきます。
使う糸には硬い糸、柔らかい糸、細い糸、太い糸などさまざまですが、どのような二重にしたいのかや体質によって度の意図を使用する関わってきます。
このように糸の種類によってもいろいろな方法があるので自分にあった方法で腫れにくさや戻りにくさ、リスク等を担当医と相談して施術することになります。
 切開法は瞼を切開して二重にする方法となります。
この方法は瞼が熱く二重が付きにくい方や戻りにくさを求める患者さんにおすすめの方法です。
しかし、切開法は瞼を切開するため瞼の腫れが強く、腫れが引き綺麗な状態になる目で時間がかかる方法となります。

pickup

Last update:2019/8/2

COPYRIGHT(C) Hello, new myself ALL RIGHT RESERVED