整形に関する情報が満載!

Hello, new myself

整形の治療には様々な種類があります

整形には、美容整形と普通の整形外科の二つがあります。
美容整形では、顔の輪郭を変えたり、鼻を高くしたり、また、顎の骨を削ったりします。
普通の外科的処置を伴うものには、足の骨折や、捻挫、また、腰の痛みなどがあります。
こうした症状に対して、外科では、手術をしたり、ギプスを当てたりします。
腰の痛みは、ヘルニアの可能性もあるので、手術をする場合もあります。
こうした手術では、腰の骨の間にある神経を骨が圧迫しないように、骨を削る手術をします。
これで症状が軽減されるのです。
美容外科の場合はもっと大胆な手術になることが多いです。
例えば、顔の輪郭を変えたりするのに、顔の骨を削ったりします。
これにより、整った顔を作りだすことができるのです。
また、ヒアルロン酸の注射などをすることもあります。
これは、皮下に注射するもので、お肌に張りを与えるためのものです。
一本数万円とかなりの高額になるのは、保険が効かないためです。
それでも、多くの人が、お肌の若返りを求めて、この治療を行っています。

整形外科で治療する病気とは

 整形外科は人体の運動機能の病気や外傷などの損傷を治療する医学部門になります。
整形外科で診る部位としては骨、関節、筋肉、靭帯、腱、脊髄、神経などの病気や外傷です。
さらに手足などの先天性の疾患を治療して研究等も行います。
また、できるだけ運動機能を元通りにする運動回復も行っています。
事故やケガ、病気などで運動機能が失われてしまった場合に元に回復させることを目的とし、運動機能の回復が十分に得られなくても残った機能を最大限に活用して元の状態にできるだけ近い状態に回復させる事も整形外科の大きな役割となります。
このほかにも痛みを伴う疾患である神経痛やリウマチなどの痛みを取ること桃整形外科の主要な仕事です。
治療としては保存的療法と、手術的療法など多くの事を行います。
手術にはさまざまな種類が多くあり、脊髄・脊椎に対する手術、神経の手術、腱の手術、骨の手術、関節の手術などがあり。
時には切断されてしまった指や手足の再接合手術も行われる事もあります。

check

最終更新日:2019/3/18

COPYRIGHT(C) Hello, new myself ALL RIGHT RESERVED